慢性的な疲労の原因-加齢・体力低下-

慢性的な疲労の原因として見逃せないのが加齢による衰えと体力の低下です。純粋に体が衰えることで若い頃はなんでもなかった体への負担が疲労の原因となったり、少し休息をとればすぐに解消できていた疲労をズルズルと引きずり続けるようになってしまうのです。

まだ動けると知らず知らずのうちに疲労が蓄積し慢性化してしまう可能性がある

慢性的な疲労の原因

加齢による体力の衰えには2つの面があります。まずは体の動きそのものに低下がはっきりとあらわれるケース。スポーツ選手に顕著ですが、若い頃に出せた記録が年をとるにつれて出せなくなり記録が落ちていく。「若い頃は○○キロくらい平気で歩けたのに」「駅の階段の昇り降りがつらくなった」など、はっきりと時間できる形で体力の衰えを感じることが多いのがこのケースです。

 

もうひとつは回復が遅れるケース。30代〜40代くらいから見られることが多く、体の動きそのものはそれほど衰えを実感することはないのですが、疲労がなかなか抜けなくなってしまうのです。若い頃は朝まで飲み歩いても翌日仕事をバリバリできていたのが30代も半ばを過ぎるとしんどくなる、というのも疲労の回復が遅くなっていくのが大きな要因です。

 

若い頃はひと晩眠れば回復していた疲労もズルズルと引きずるようになり、さらには疲労のピークが2日後、3日後に来るといったパターンも見られるようになります。

加齢・体力低下による疲労では自分の衰えを自覚し生活習慣を整えることが大事

慢性的な疲労の原因

慢性的な疲労で注意が必要なのは2つ目のケースです。体はまだまだ動く、自分はまだ若いと思い込んで若い頃と同じように振る舞ってしまう、がんばってバリバリと働いてしまうと知らず知らずのうちに疲労が体にどんどん蓄積していき、それがある段階を超えると疲労が慢性化して体がだるい、倦怠感に悩まされるといった状況に陥ってしまうのです。

 

ですから加齢・体力の低下による慢性的な疲労に関しては体を鍛える、休息を十分にとるといった面はもちろんですが、それ以上に自分の衰えを自覚し、それに相応しい生活習慣を整えることが大事なのです。いつまでも若い、若々しく振舞うのもよいことですが、若い頃とは体の状態が違うことを自覚し、セーブする意識も求められます。

 

まだ大丈夫、という段階で休息をとる、ペースダウンをしてみる。休息をとるために飲み会や人と会う機会を少し減らしてみる。バリバリに忙しく働くことが美徳ではなくなる年齢が必ず訪れます。そうしたときに衰えやそれがもたらす疲労とうまく向き合い、対処していくことができるか。これがいつまでも若々しく健康で暮らしていくことができるかどうかを決めるポイントにもなるのです。

 

滋養強壮剤の口コミ人気ランキング

安心・安全、高品質で選ばれている国内大手メーカーの男性用マカサプリは?

編集部おすすめ疲労回復サプリ

てまひま堂 にんにく卵黄229-55(ニンニクゴーゴー)

てまひま堂 にんにく卵黄229-55(ニンニクゴーゴー)

1,258万袋突破!産地と製法にこだわったTVでも大人気のにんにく卵黄サプリ
1,922円・税込/定期初回960円(2回目以降1,729円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

高麗美人

高麗美人

サポニンは大豆の7.7倍!乱れがちな40代からの女性の美容と健康に役立つサプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

マカ&クラチャイダム12000

マカ&クラチャイダム12000

楽天ランキング7冠達成!2大精力成分の圧倒的配合量を実現した精力サプリ
60粒30日分4500円・税別/定期購入初回4500円→990円(税別)キャンペーン実施中!
>>公式HPで詳しく見てみる!