慢性的な疲労の原因-栄養不良-

人間は長い歴史の間食料を十分に確保できないことから栄養不良のリスクを抱え続けていましたが、現在の日本では幸いそうした問題はほぼ解消されています。しかしその一方で偏った食生活が原因で特定の栄養が不足する、摂取エネルギーは多いのに栄養が不足して健康に支障をもたらすという問題が出てきています。慢性的な疲労もじつはこうした現代ならではの食生活の問題が深く関わっていることが多いのです。

栄養不足に陥ると慢性的な疲労やホルモンバランスの乱れによる倦怠感を引き起こす

慢性的な疲労の原因

また、食事制限に頼ったダイエットを行っていると摂取エネルギーそのものが不足することもあります。目の前にいくらでも食べ物があるにも関わらず意図的にそれを避けて栄養不足に陥ってしまうわけです。本人は美容のためによいと思って行っていることが慢性的な疲労、さらにはホルモンバランスの乱れによる倦怠感やだるさといった問題を引き起こすことも少なくありません。

 

栄養不良に陥るとエネルギーを作り出し、疲労を回復させるメカニズムに支障が生じます。たとえばたんぱく質やアミノ酸といったエネルギーの原材料が不足すれば当然エネルギーの生成量が減少してしまいますし、エネルギーの生成に欠かせないビタミンB群が不足すれば原材料を摂取していてもエネルギー不足に陥ることがあります。

 

さらに女性の場合は鉄分が不足することで鉄欠乏性貧血に陥り、全身に酸素と栄養が十分に行き渡らなくなることで体力の低下、疲労の蓄積が進んでいくケースが見られます。

更年期で慢性的な疲労がある場合は大豆イソフラボンがおすすめ

慢性的な疲労の原因

こうした問題を防ぐためには日ごろから栄養バランスのよい食生活を心がけることが大前提です。たんぱく質やビタミンB群、またはクエン酸のように疲労回復に直接役立つ成分を意識して摂取することはもちろんですが、そうした効果が期待できる成分ばかりを摂取していると全体の栄養バランスが乱れてしまいますから、たんぱく質、炭水化物、ビタミン、脂質など健康な体作りに欠かせない栄養分をバランスよくしっかりと摂取していける環境を心がけましょう。

 

更年期で慢性的な疲労に悩まされている女性の場合は大豆イソフラボンなど女性ホルモンのバランスを整えるのに役立つ成分もオススメです。必須アミノ酸やビタミンCなど体内で合成できず、コンスタントに外から補い続ける必要がある成分もあるのでその点からも偏った食生活は要注意です。

 

またどんな食材で栄養を摂取していくかも大事な点です。たとえばたんぱく質が疲労回復に欠かせないからといって肉ばかりを食べているとそこに含まれている動物性脂肪の過剰摂取が原因で血液がドロドロになって動脈硬化の原因になってしまう恐れがあります。魚や野菜、大豆製品、果物など、食材にもバラエティーの豊かさを意識したうえで全体のメニューをよく検討していくようにしましょう。

 

滋養強壮剤の口コミ人気ランキング

安心・安全、高品質で選ばれている国内大手メーカーの男性用マカサプリは?

編集部おすすめ疲労回復サプリ

てまひま堂 にんにく卵黄229-55(ニンニクゴーゴー)

てまひま堂 にんにく卵黄229-55(ニンニクゴーゴー)

1,258万袋突破!産地と製法にこだわったTVでも大人気のにんにく卵黄サプリ
1,922円・税込/定期初回960円(2回目以降1,729円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

高麗美人

高麗美人

サポニンは大豆の7.7倍!乱れがちな40代からの女性の美容と健康に役立つサプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

マカ&クラチャイダム12000

マカ&クラチャイダム12000

楽天ランキング7冠達成!2大精力成分の圧倒的配合量を実現した精力サプリ
60粒30日分4500円・税別/定期購入初回4500円→990円(税別)キャンペーン実施中!
>>公式HPで詳しく見てみる!