慢性的な疲労の原因-病気-

慢性的な疲労の原因は単に体が疲れているだけでなく、体の異常、つまり病気が潜んでいる可能性もあります。はっきりと症状がうかがえる病気ならよいのですが、なかなか自覚症状の見極めが難しい病気の場合は普通の疲労と思い込んで適切な治療を行わずにいるうちにどんどん進行してしまう、といった怖いケースも出てくるので注意が必要なのです。

病気による慢性的な疲労の原因で多いのが慢性疲労症候群

慢性的な疲労の原因

そんな慢性的な疲労をもたらす病気の中でも現代人の間で増えているのが「慢性疲労症候群」です。名称が紛らわしく、慢性疲労と混同されることも多いのですが、いわゆる「疲労が慢性化してしまっている」慢性疲労とはまったく別のもので、れっきとした病気の名称です。

 

疲れてなんとなくだるい、体が動かないといったレベルではなく、ベッドから出る、階段を昇り降りをする、外出するといった日常的な動作でさえ大きな疲労をともない、日常生活に大きな支障をきたしてしまうのが特徴です。しかも睡眠などで休息をとってもなかなか改善できず、休めばいいというわけにはいかない厄介な面もあります。

 

しかも原因はまだはっきりと特定されておらず、疲労の蓄積ではなくホルモン分泌の減少やアレルギーをはじめとした免疫機能障害、低血圧、栄養不足、ストレスの蓄積などさまざまな説が挙げられていますが、まだ決定的なものはありません。なんらかの感染症が関わっている可能性も指摘されており、現在でも研究が進められている段階です。

 

40〜50代に発症例が多く、どうしても普通の慢性疲労と混同してしまうことが多いだけに見極めが重要なポイントとなるでしょう。治療では薬物療法のほか、認知行動療法、ウォーキングなどの運動を取り入れた運動療法、日常生活の健康管理などのアプローチがとられます。

女性は甲状腺機能低下症によりエネルギー不足になり疲労が蓄積しやすくなるケースも

慢性的な疲労の原因

それから女性が注意したいのが甲状腺機能低下症です。甲状腺は甲状腺ホルモンを分泌する器官ですが、エネルギーを作り出す非常に重要な役割を担っています。そのため機能が低下してしまうとエネルギー不足に陥り、疲労が蓄積しやすくなってしまうのです。

 

そのほか基礎代謝の向上や女性ホルモンをはじめとした他のホルモンのバランスを調節する働きなどもあるため、体力の衰えや体調不良などが伴うことも多く、疲労の症状をさらにつらくしてしまいがちです。おもに薬物療法で治療が可能です。

 

もうひとつ、現代人が注意したいのが糖尿病です。すぐに疲れてしまう、また喉が乾くといった症状が見られたら要注意、日ごろから血糖値が高めの方は慢性的な疲労を糖尿病のシグナルと考え、体重のコントロールや食生活の改善などの対策を取り入れていくきっかけにしましょう。放置しておくと慢性的な疲労だけでは済まない深刻な状況に発展してしまう恐れがあります。

 

滋養強壮剤の口コミ人気ランキング

安心・安全、高品質で選ばれている国内大手メーカーの男性用マカサプリは?

編集部おすすめ疲労回復サプリ

てまひま堂 にんにく卵黄229-55(ニンニクゴーゴー)

てまひま堂 にんにく卵黄229-55(ニンニクゴーゴー)

1,258万袋突破!産地と製法にこだわったTVでも大人気のにんにく卵黄サプリ
1,922円・税込/定期初回960円(2回目以降1,729円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

高麗美人

高麗美人

サポニンは大豆の7.7倍!乱れがちな40代からの女性の美容と健康に役立つサプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

マカ&クラチャイダム12000

マカ&クラチャイダム12000

楽天ランキング7冠達成!2大精力成分の圧倒的配合量を実現した精力サプリ
60粒30日分4500円・税別/定期購入初回4500円→990円(税別)キャンペーン実施中!
>>公式HPで詳しく見てみる!